どんなに動いても温まらない方、クーラーの部屋で過ごすことが多い時に。

どんなに動いても温まらない方、クーラーの部屋で過ごすことが多い時に。

おはようございます。
北海道の男の子、無事に見つかって良かったです。ホッとしました。

さて、今日の配達のお伴は玄米コーヒー+コーレン(れんこん粉末)。
これから増えてくる悩みが、"夏場でも体が冷えてるんです"とか、"クーラーの部屋で過ごすことが多いんだけど何か良いものありませんか"という声。
今回は、夏の養生ドリンクを2点ご紹介しますね。

冷えは万病のもと っていうから、夏場でも冷たいものを飲みすぎないとか(適度に楽しむ分は問題ないと思います)、ほんとに体が冷えてる方は、足元を温めておくとか、なるべく冷えが起こらないように日常的に気を付けることは大事ですよね。

私たちがおすすめしているのは内側からケア
「梅醤番茶」 と「 玄米コーヒー」。

梅醤番茶は、何度かこのブログや店頭で配布しているチラシに掲載しているので、ご存知の方が多いと思いますが、梅と醤油と番茶と生姜を合わせたもの。
自分でも作れるんですが、忙しい時や自分が調子が良くないときに作るのってきついです。
これ、お湯を注ぐだけなので調子が良くないときでも簡単に対応できる。
味はなんと言えば良いんだろう...。
これに関しては、おいしい って方と この味無理!って方と分かれるので、何とも言いにくいですが、調子の良くない時に飲む梅醤番茶は最高においしく体に染みわたります。

玄米コーヒーは長時間じっくりと遠赤焙煎して粉末にしたものです。
多少の苦みもありますが、香ばしさがあり、私は好きです。
深炒りすることで、玄米の中の免疫促進、抗酸化作用が引き出されるし、代謝アップに良いので、冷えの方に体の中から温めるものを手軽に取り入れるのに、良いなぁと思っています。

そして、こういうのって溶けにくいのが多いですが、お湯を入れてスプーンでかき混ぜれば上手に混ざります。ただ、時間がたてば、沈殿するので、都度かき混ぜてもらえればOKです。


※試しに買ってみて、自分には合わなかったということがないように試飲もしてます※