【今日のし・つ・も・ん】りんごって体にいいのは知ってるけどどんな風にいいと?

【今日のし・つ・も・ん】りんごって体にいいのは知ってるけどどんな風にいいと?


今日はりんごのお話しです。
りんごって体に良いのは、みなさんご存知ですよね。
「1日1個のりんごは医者いらず」「りんごが赤くなると医者が青くなる」 って諺があるくらいです。


では、りんごが体にどんな風に良いのか 簡単にですが、書きますね。
【体に対してどんなふうに良いのか?】
りんごは、カリウムや食物繊維のペクチンが豊富な果物。
ペクチンってのは意外とすごい成分で、腸内の善玉菌を活性化したり、下痢を引き起こす金をやっつけたり便通を良くしてくれる働きがあるんです。

また、リンゴ酸っていう有機酸が含まれているんですが、これが脂肪分を溶かしたりする働きもあったり、消化促進・疲労回復にも役立ちます。


【どういった方におすすめ?】
りんごは特に、お肉や卵をを好んで食べる方におすすめの果物です。

あと、食べすぎたなーって時にもおすすめですよ。


【手当にも使える!】
子供の整腸や食べ過ぎからくる解熱に。
半分はすりおろして、はんぶんは搾り汁を飲みます。
※先にすりおろしを食べてくださいね※

※手当に使う場合のりんごは
なるべく酸味のある紅玉が良い とされていますが、
まだ紅玉は時期的に出回ってないので、甘いりんごの場合は
レモン果汁を少したらすと良いです。



ただ、どんな時も食べすぎると、冷えのもとになったり、中性脂肪の元になったりするので、ほどほどに。



インスタグラム やってます】
こちらではごはんの写真や日々のことなどアップしています

Facebookやってます】こちらはベジハウスの最新情報や今日みたいなお客様からの質問を取り上げて書いたものをFBでシェアしたりしています。

そして、ほったらかしにしていた、個人アカウント、ぼちぼち更新しています。
FBでもつながりましょう!お気軽にどうぞー!
【古賀七重 】で検索してくださーい